編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2017-06-18 (日) 21:54:40
トップページ / プレイレポ / Civ5 / 創造主の島のカメハメハ / 第一節「南の島の大王は」

プレイレポ/Civ5/創造主の島のカメハメハ

創造主の島のカメハメハ/第一節「南の島の大王は」 Edit

風のすべてが彼の歌 Edit

0-1.jpg
初期配置。大理石があるのは助かる。

0-2.jpg
ヘンジ完成。実は初回取られてリセットしている。
アポロは取り逃した。

0-3.jpg
0-4.jpg
隣国ペルシャとローマ。ビタ銭外交で籠絡。

0-5.jpg
「都市成長させたところでAI連中にはとうてい追いつけないし…」と諦め敬虔コンプに向かう。
吉か凶かは要考証。俺は疲れたのでやらん!!

0-6.jpg
ペルシャのその先ドイツも籠絡。ビタ銭外交様々である。

0-7.jpg
AIはワット優先してくるしハギア行けるかも、と思ったら行けてしまった。
大技術者は陶塔のために温存。

0-8.jpg
106ターン、敬虔コンプ。

0-9.jpg
イザベラたんも籠絡。ハァハァ

0-a.jpg
しまった。インドが嫉妬、もとい難癖付けてきた。
これ以降隣国のペルシャローマ以外は宣戦状況や非難声明みて問題無いところだけと友好声明結ぶことにする。
お誘いの声は多いのが後ろ髪。モテる男は辛いぜ。

0-b.jpg
大技術者で陶塔建設。欲張ってノートルダムに着手。さすがに無理ですよねー(笑)

0-c.jpg
できちゃったよ… おかげで手持ちの幸福資源は全部売りに出せる。大助かりだ。

0-d.jpg
大科学者ジャンプで必死にシスティーナ礼拝堂へ着手。無事完成。

0-e.jpg
何ィ!?まさかの友好宣言拒否。さすがにビタ銭ばかりでは限度があったか。
既にペルシャとは完全に領土が隣接しているので非常にヤバイ。始まって以来の大ピンチ。
とりあえずビタ銭渡して置いて、幸福資源が戻ってき次第さらに貢ぐことにする。


目次 Edit

コメント等 Edit

ご質問、ご感想等有りましたらお気軽によろしくです^_^

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 1G渡すタイミングって会ってすぐでしょうか?会って暫くはこちらから友好宣言結べないし取引ボーナスもすぐに消えてしまうのでなかなかうまくいかないです。 -- 2012-02-12 (日) 17:19:20
  • 伝統レポでも書いてありますが最初の時を始め折々ぽつぽつですね。外交画面で見える好感嫌感要素は「こちらに見せている表情」レベルで内心は別な感じです。 -- KAZAMA? 2012-02-12 (日) 17:23:22
  • ですので続けていると向こうから続々と申し込んで来る感じです(笑)ただAIとの外交は初期好感度を初めある程度は運ですねー(高難易度は特に) -- KAZAMA? 2012-02-12 (日) 17:25:50
お名前: