編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2017-06-18 (日) 21:54:32
トップページ / MOD / MODの作り方 / 新文明を追加してみようその4

MOD/MODの作り方/新文明を追加してみようその4 Edit

UA決定 Edit

UBとUUの作成が終わりました。いよいよ新文明を作成し、まとめに入りましょう。
まずは新指導者とそのUAから記述していきます。
徳川家康といえば、人により千差万別のイメージがあると思います。
今回は長い泰平の世をもたらしたというイメージを重視し、人口による不幸を25%減少させる効果にしてみます。
一方で技術の発展にさまざまな制約があったことも事実なので、偉人ポイントに25%のペナルティを設けてみましょう。

まずはXMLのコピーから Edit

方針も決まったところでxmlを編集していきましょう。
人口による不幸に補正が掛かるのはインドのUA、偉人ポイントは使われてはいないものの記述自体は存在します。

	<Traits>
		~省略~
		<Row>
			<ID>0</ID>
			<Type>TRAIT_PHILOSOPHICAL</Type>
			<Description/>
			<ShortDescription/>
			<GreatPeopleRateModifier>100</GreatPeopleRateModifier>
		</Row>
		~省略~
		<Row>
			<Type>TRAIT_POPULATION_GROWTH</Type>
			<Description>TXT_KEY_TRAIT_POPULATION_GROWTH</Description>
			<ShortDescription>TXT_KEY_TRAIT_POPULATION_GROWTH_SHORT</ShortDescription>
			<CityUnhappinessModifier>100</CityUnhappinessModifier>
			<PopulationUnhappinessModifier>-50</PopulationUnhappinessModifier>
		</Row>
		~省略~
	</Traits>

まずは<Traits>タグ内の記述を見てみましょう。
civ5をインストールしたフォルダのassets\DLC\Expansion2\Gameplay\XML\Civilizations\CIV5Traits.xmlを参照します。
デフォルトの値が設定されているのはいつもどおりです。

<ID> Edit

設定不要です。
被らないように値を指定する必要がありますが、自動的に0から数値を振ってくれます。

<Type> Edit

いつも通り全ての志向で別のものを指定する必要があります。
TRAIT_GREAT_GENERALに変更します。

<Description>、<ShortDescription> Edit

<Description>タグは志向の説明(文明を選択する画面などに表示されます)、<ShortDescription>タグで志向の名前を指定します。
やはりテキストデータは別に記述し、ここではキーの設定のみです。
それぞれTXT_KEY_TRAIT_GREAT_GENERAL、TXT_KEY_TRAIT_GREAT_GENERAL_SHORTに変更します。

<GreatPeopleRateModifier> Edit

<GreatPeopleRateModifier>タグでは、偉人ポイントに対する補正を設定します。
値は%で指定し、負の値も可能です。
この補正は全ての偉人に対して掛かるので、特定の偉人にのみ補正を掛けたい場合、別のタグで設定する必要があります。
今回は25%のペナルティなので-25を指定します。

<CityUnhappinessModifier> Edit

<CityUnhappinessModifier>タグでは、都市数による不幸に対する補正を設定します。
こちらも%で指定し、正の値を指定した場合不幸が増加、負の値を指定した場合減少します。
(例えばインドはこの値が100となっているため、1都市につき6の不幸が発生します)
今回は都市数による補正は無いので、まとめて削除します。

<PopulationUnhappinessModifier> Edit

<PopulationUnhappinessModifier>タグでは、人口による不幸に対する補正を設定します。
やはり%で指定し、正の値を指定した場合不幸が増加、負の値を指定した場合減少します。
(例えばインドはこの値が-50となっているため、人口1につき0.5しか不幸が発生しません)
人口による不幸を減少させたいので、-25を指定します。

<Traits>のまとめ Edit

上記の内容をまとめてみると以下のようになります。

	<Traits>
		<Row>
			<Type>TRAIT_GREAT_GENERAL</Type>
			<Description>TXT_KEY_TRAIT_GREAT_GENERAL</Description>
			<ShortDescription>TXT_KEY_TRAIT_GREAT_GENERAL_SHORT</ShortDescription>
			<PopulationUnhappinessModifier>-25</PopulationUnhappinessModifier>
			<GreatPeopleRateModifier>-25</GreatPeopleRateModifier>
		</Row>
	</Traits>

参照 Edit

以下のタグは<Traits>タグ内で使用できる設定の一部になります。
MODをこれから作成される方の参考になれば幸いです。

<WorkerSpeedModifier> Edit

<WorkerSpeedModifier>タグでは、労働者の地形改善速度に対する補正を設定します。

<NaturalWonderFirstFinderGold> Edit

<NaturalWonderFirstFinderGold>タグでは、自然遺産を一番乗りで発見したときのボーナス金額値を設定します。

<NaturalWonderSubsequentFinderGold> Edit

<NaturalWonderSubsequentFinderGold>タグでは、自然遺産を二番手以降で発見したときのボーナス金額値を設定します。

<NaturalWonderYieldModifier> Edit

<NaturalWonderYieldModifier>タグでは、自然遺産のタイル出力に対する補正を設定します。

<NaturalWonderHappinessModifier> Edit

<NaturalWonderHappinessModifier>タグでは、自然遺産を発見したときの幸福度ボーナスに対する補正を設定します。

 
 
 
 
 

<Leaders> Edit

志向の記述が終わったので、次は指導者の設定をしていきましょう。
まずは<Leaders>タグ内の織田信長に関する記述を見てみましょう。

	<Leaders>
		<Row>
			<Type>LEADER_ODA_NOBUNAGA</Type>
			<Description>TXT_KEY_LEADER_ODA_NOBUNAGA</Description>
			<Civilopedia>TXT_KEY_LEADER_ODA_NOBUNAGA_PEDIA</Civilopedia>
			<CivilopediaTag>TXT_KEY_CIVILOPEDIA_LEADERS_ODA</CivilopediaTag>
			<ArtDefineTag>OdaNobunaga_Scene.xml</ArtDefineTag>
			<VictoryCompetitiveness>7</VictoryCompetitiveness>
			<WonderCompetitiveness>5</WonderCompetitiveness>
			<MinorCivCompetitiveness>6</MinorCivCompetitiveness>
			<Boldness>8</Boldness>
			<DiploBalance>7</DiploBalance>
			<WarmongerHate>6</WarmongerHate>
			<DenounceWillingness>7</DenounceWillingness>
			<DoFWillingness>6</DoFWillingness>
			<Loyalty>3</Loyalty>
			<Neediness>6</Neediness>
			<Forgiveness>5</Forgiveness>
			<Chattiness>3</Chattiness>
			<Meanness>4</Meanness>
			<PortraitIndex>13</PortraitIndex>
			<IconAtlas>LEADER_ATLAS</IconAtlas>
		</Row>
	</Leaders>

</Leaders>タグでは主に指導者の性格を記述していきます。
assets\DLC\Expansion\Gameplay\XML\Leaders\CIV5Leader_OdaNobunaga.xmlを参考にしましょう。

<Type> Edit

今までの<Type>同様、全ての指導者で別のものを指定します。
LEADER_TOKUGAWA_IEYASUに変更します。

<Description>、<Civilopedia>、<CivilopediaTag> Edit

<Description>タグは指導者名、<CivilopediaTag>タグはシヴィロペディアに使われるキーを指定します。
<Civilopedia>タグのキーはどこに使われているのか確認出来なかったので、ご存知の方は是非コメントをお願いします。
(シヴィロペディアの内容は<CivilopediaTag>タグで完結しているため、それらしい箇所も分かりませんでした。)
それぞれTXT_KEY_LEADER_TOKUGAWA_IEYASU、TXT_KEY_LEADER_TOKUGAWA_IEYASU_PEDIA、TXT_KEY_CIVILOPEDIA_LEADERS_TOKUGAWAを指定します。

<ArtDefineTag> Edit

<ArtDefineTag>タグでは交渉画面で表示されるグラフィックor画像を指定します。
交渉画面用にxmlファイルを作成し、それを指定する形になります。
Tokugawa_Ieyasu.xmlを指定します。

<VictoryCompetitiveness>~<Meanness> Edit

これらの一連のタグで指導者の性格を指定していきます。
それぞれの項目がどのような意味を持つかはhttp://67.210.100.45/Montezuma/index.php?%CC%B5%B0%F5%2F%A5%C7%A1%BC%A5%BF%2FAI%B7%B9%B8%FE%B0%EC%CD%F7を参考にしましょう。
(ただしどのように利用されているか正確には分かっていないようです)
大まかな傾向として1~10の範囲で指定されているので、AI指導者の性格を参考に値を決めていきましょう。
今回は<Boldness>を6、<Neediness>を4、<Forgiveness>を6に変更してみます。

<PortraitIndex> Edit

アイコングループ内で使用する箇所を指定します。
以前作ったアイコンの2番目に入れてあるので、1を指定します。

<IconAtlas> Edit

使用するアイコングループを指定します。
EDO_ATLASに変更します。

<Leaders>のまとめ Edit

上記の内容をまとめてみると以下のようになります。

	<Leaders>
		<Row>
			<Type>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</Type>
			<Description>TXT_KEY_LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</Description>
			<Civilopedia>TXT_KEY_LEADER_TOKUGAWA_IEYASU_PEDIA</Civilopedia>
			<CivilopediaTag>TXT_KEY_CIVILOPEDIA_LEADERS_TOKUGAWA</CivilopediaTag>
			<ArtDefineTag>Tokugawa_Ieyasu.xml</ArtDefineTag>
			<VictoryCompetitiveness>7</VictoryCompetitiveness>
			<WonderCompetitiveness>5</WonderCompetitiveness>
			<MinorCivCompetitiveness>6</MinorCivCompetitiveness>
			<Boldness>6</Boldness>
			<DiploBalance>7</DiploBalance>
			<WarmongerHate>6</WarmongerHate>
			<WorkAgainstWillingness>0</WorkAgainstWillingness>
			<WorkWithWillingness>0</WorkWithWillingness>
			<DenounceWillingness>7</DenounceWillingness>
			<DoFWillingness>6</DoFWillingness>
			<Loyalty>3</Loyalty>
			<Neediness>4</Neediness>
			<Forgiveness>6</Forgiveness>
			<Chattiness>3</Chattiness>
			<Meanness>4</Meanness>
			<PortraitIndex>1</PortraitIndex>
			<IconAtlas>EDO_ATLAS</IconAtlas>
		</Row>
	</Leaders>

Tokugawa_Ieyasu.xmlについて Edit

交渉画面用にグラフィックを用意するのは難しいので、画像で代用します。
今回はファイル名をTokugawa_Ieyasu.xmlにしているので、新たにファイルを作成し左記のファイル名に変更、以下の記述をします。

	<LeaderScene FallbackImage="ieyasudiplo.dds"/>

上記の記述は<GameData>タグで囲む必要はありません
これだけでxmlファイルの記述は終わりです。
交渉画面ではieyasudiplo.ddsが表示されるようになるので、徳川家康の画像を用意しましょう。
サイズは1600×900です。
なおTokugawa_Ieyasu.xml、ieyasudiplo.ddsともにimport into VFSをtrueにしましょう。
ddsファイルはともかく、xmlファイルは必要となるものが少ないので忘れてしまいがちです。

 
 
 

<Leader_MajorCivApproachBiases> Edit

引き続き指導者の性格を設定していきましょう。

	<Leader_MajorCivApproachBiases>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<MajorCivApproachType>MAJOR_CIV_APPROACH_WAR</MajorCivApproachType>
			<Bias>7</Bias>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<MajorCivApproachType>MAJOR_CIV_APPROACH_HOSTILE</MajorCivApproachType>
			<Bias>5</Bias>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<MajorCivApproachType>MAJOR_CIV_APPROACH_DECEPTIVE</MajorCivApproachType>
			<Bias>6</Bias>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<MajorCivApproachType>MAJOR_CIV_APPROACH_GUARDED</MajorCivApproachType>
			<Bias>7</Bias>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<MajorCivApproachType>MAJOR_CIV_APPROACH_AFRAID</MajorCivApproachType>
			<Bias>2</Bias>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<MajorCivApproachType>MAJOR_CIV_APPROACH_FRIENDLY</MajorCivApproachType>
			<Bias>4</Bias>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<MajorCivApproachType>MAJOR_CIV_APPROACH_NEUTRAL</MajorCivApproachType>
			<Bias>5</Bias>
		</Row>
	</Leader_MajorCivApproachBiases>

<Leader_MajorCivApproachBiases>タグでは、他の文明に対しどのように接するかを定めます。

<LeaderType> Edit

性格を設定する指導者を指定します。
LEADER_TOKUGAWA_IEYASUに変更します。

<MajorCivApproachType> Edit

数値を定める性格の種類を指定します。
種類ごとにどのような意味があるかは、先ほどのページを参考にしましょう。
7項目それぞれ指定する必要があるので、これらは変更しないでおきましょう。

<Bias> Edit

性格の強さを指定します。
例えば織田信長はMAJOR_CIV_APPROACH_WARが7になっているため、宣戦布告することの多い指導者となります。
この数値も他の指導者を参考にしつつ、値を決めていきましょう。
今回はMAJOR_CIV_APPROACH_WARを5に変更します。

<Leader_MajorCivApproachBiases>のまとめ Edit

上記の内容をまとめてみると以下のようになります。

	<Leader_MajorCivApproachBiases>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<MajorCivApproachType>MAJOR_CIV_APPROACH_WAR</MajorCivApproachType>
			<Bias>5</Bias>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<MajorCivApproachType>MAJOR_CIV_APPROACH_HOSTILE</MajorCivApproachType>
			<Bias>5</Bias>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<MajorCivApproachType>MAJOR_CIV_APPROACH_DECEPTIVE</MajorCivApproachType>
			<Bias>6</Bias>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<MajorCivApproachType>MAJOR_CIV_APPROACH_GUARDED</MajorCivApproachType>
			<Bias>7</Bias>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<MajorCivApproachType>MAJOR_CIV_APPROACH_AFRAID</MajorCivApproachType>
			<Bias>2</Bias>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<MajorCivApproachType>MAJOR_CIV_APPROACH_FRIENDLY</MajorCivApproachType>
			<Bias>4</Bias>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<MajorCivApproachType>MAJOR_CIV_APPROACH_NEUTRAL</MajorCivApproachType>
			<Bias>5</Bias>
		</Row>
	</Leader_MajorCivApproachBiases>
 
 
 

<Leader_MinorCivApproachBiases> Edit

今度は都市国家に対する接し方を定めていきましょう。

	<Leader_MinorCivApproachBiases>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<MinorCivApproachType>MINOR_CIV_APPROACH_IGNORE</MinorCivApproachType>
			<Bias>5</Bias>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<MinorCivApproachType>MINOR_CIV_APPROACH_FRIENDLY</MinorCivApproachType>
			<Bias>4</Bias>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<MinorCivApproachType>MINOR_CIV_APPROACH_PROTECTIVE</MinorCivApproachType>
			<Bias>7</Bias>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<MinorCivApproachType>MINOR_CIV_APPROACH_CONQUEST</MinorCivApproachType>
			<Bias>7</Bias>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<MinorCivApproachType>MINOR_CIV_APPROACH_BULLY</MinorCivApproachType>
			<Bias>4</Bias>
		</Row>
	</Leader_MinorCivApproachBiases>

<Leader_MinorCivApproachBiases>タグでは、都市国家に対する外交態度を設定します。

<LeaderType> Edit

今までの解説と同じく、LEADER_TOKUGAWA_IEYASUを指定します。

<MinorCivApproachType> Edit

<MinorCivApproachType>タグでは、数値を定める性格の種類を指定します。
項目ごとの意味は、やはり先ほどのページを参考にしましょう。
これらは5項目とも定める必要があるので、変更はありません。

<Bias> Edit

性格の強さを指定します。
例えば織田信長はMINOR_CIV_APPROACH_CONQUESTの値が7になっているので、都市国家を征服することの多い指導者となります。
一方でMINOR_CIV_APPROACH_FRIENDLYは4となっているため、都市国家への影響力を積極的には上げません。
やはりこの項目もAI指導者を参考にしつつ、値を決めていきましょう。
今回はMINOR_CIV_APPROACH_FRIENDLYを6、MINOR_CIV_APPROACH_CONQUESTを5に設定します。

<Unit_FreePromotions>のまとめ Edit

上記の内容をまとめてみると以下のようになります。

	<Leader_MinorCivApproachBiases>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<MinorCivApproachType>MINOR_CIV_APPROACH_IGNORE</MinorCivApproachType>
			<Bias>5</Bias>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<MinorCivApproachType>MINOR_CIV_APPROACH_FRIENDLY</MinorCivApproachType>
			<Bias>6</Bias>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<MinorCivApproachType>MINOR_CIV_APPROACH_PROTECTIVE</MinorCivApproachType>
			<Bias>7</Bias>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<MinorCivApproachType>MINOR_CIV_APPROACH_CONQUEST</MinorCivApproachType>
			<Bias>5</Bias>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<MinorCivApproachType>MINOR_CIV_APPROACH_BULLY</MinorCivApproachType>
			<Bias>4</Bias>
		</Row>
	</Leader_MinorCivApproachBiases>
 
 
 

<Leader_Flavors> Edit

UBやUUを記述する際、Flavorを設定してきました。
今回はリーダー側のFlavorを設定し、指導者がどのような分野を優先するかを決めていきます。
上記までの項目はassets\DLC\Expansion\Gameplay\XML\Leaders\CIV5Leader_OdaNobunaga.xml内に全て記述されていました。
今回はBNWで追加された項目があるので、上記に加えてassets\DLC\Expansion2\Gameplay\XML\Leaders\CIV5Leader_OdaNobunaga_Expansion2.xmlからも引っ張ってきましょう。

	<Leader_Flavors>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_OFFENSE</FlavorType>
			<Flavor>8</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_DEFENSE</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_CITY_DEFENSE</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_MILITARY_TRAINING</FlavorType>
			<Flavor>8</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_RECON</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_RANGED</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_MOBILE</FlavorType>
			<Flavor>4</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_NAVAL</FlavorType>
			<Flavor>7</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_NAVAL_RECON</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_NAVAL_GROWTH</FlavorType>
			<Flavor>6</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_NAVAL_TILE_IMPROVEMENT</FlavorType>
			<Flavor>6</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_AIR</FlavorType>
			<Flavor>6</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_EXPANSION</FlavorType>
			<Flavor>8</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_GROWTH</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_TILE_IMPROVEMENT</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_INFRASTRUCTURE</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_PRODUCTION</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_GOLD</FlavorType>
			<Flavor>6</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_SCIENCE</FlavorType>
			<Flavor>4</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_CULTURE</FlavorType>
			<Flavor>6</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_HAPPINESS</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_GREAT_PEOPLE</FlavorType>
			<Flavor>6</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_WONDER</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_RELIGION</FlavorType>
			<Flavor>4</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_DIPLOMACY</FlavorType>
			<Flavor>7</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_SPACESHIP</FlavorType>
			<Flavor>7</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_WATER_CONNECTION</FlavorType>
			<Flavor>6</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_NUKE</FlavorType>
			<Flavor>6</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_USE_NUKE</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_ESPIONAGE</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_ANTIAIR</FlavorType>
			<Flavor>6</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_AIR_CARRIER</FlavorType>
			<Flavor>8</Flavor>
		</Row>
	</Leader_Flavors>
	<Leader_Flavors>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_ARCHAEOLOGY</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_I_LAND_TRADE_ROUTE</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_I_SEA_TRADE_ROUTE</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_I_TRADE_ORIGIN</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_I_TRADE_DESTINATION</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_AIRLIFT</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
	</Leader_Flavors>

<LeaderType> Edit

今までと同じく、LEADER_TOKUGAWA_IEYASUを指定します。

<FlavorType> Edit

Flavorのタイプを指定します。
これらの項目も、前述のページを参照しましょう。
(無印版のものなので、足りないものもありますが…)
やはり全て設定するひつようがあるので、全て変更はありません。

<Flavor> Edit

Flavorの数値を指定します。
大まかな傾向として1~10の範囲で指定されています。
(ガンジーのFLAVOR_NUKEが12になっていたりと例外はありますが)
今回はFLAVOR_OFFENSEを6、FLAVOR_DEFENSEを7、FLAVOR_NAVALを5に変更しました。

<Unit_Flavors>のまとめ Edit

上記の内容をまとめてみると以下のようになります。

	<Leader_Flavors>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_OFFENSE</FlavorType>
			<Flavor>6</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_DEFENSE</FlavorType>
			<Flavor>7</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_CITY_DEFENSE</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_MILITARY_TRAINING</FlavorType>
			<Flavor>8</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_RECON</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_RANGED</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_MOBILE</FlavorType>
			<Flavor>4</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_NAVAL</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_NAVAL_RECON</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_NAVAL_GROWTH</FlavorType>
			<Flavor>6</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_NAVAL_TILE_IMPROVEMENT</FlavorType>
			<Flavor>6</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_AIR</FlavorType>
			<Flavor>6</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_EXPANSION</FlavorType>
			<Flavor>8</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_GROWTH</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_TILE_IMPROVEMENT</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_INFRASTRUCTURE</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_PRODUCTION</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_GOLD</FlavorType>
			<Flavor>6</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_SCIENCE</FlavorType>
			<Flavor>4</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_CULTURE</FlavorType>
			<Flavor>6</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_HAPPINESS</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_GREAT_PEOPLE</FlavorType>
			<Flavor>6</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_WONDER</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_RELIGION</FlavorType>
			<Flavor>4</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_DIPLOMACY</FlavorType>
			<Flavor>7</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_SPACESHIP</FlavorType>
			<Flavor>7</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_WATER_CONNECTION</FlavorType>
			<Flavor>6</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_NUKE</FlavorType>
			<Flavor>6</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_USE_NUKE</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_ESPIONAGE</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_ANTIAIR</FlavorType>
			<Flavor>6</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_AIR_CARRIER</FlavorType>
			<Flavor>8</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_ARCHAEOLOGY</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_I_LAND_TRADE_ROUTE</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_I_SEA_TRADE_ROUTE</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_I_TRADE_ORIGIN</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_I_TRADE_DESTINATION</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<FlavorType>FLAVOR_AIRLIFT</FlavorType>
			<Flavor>5</Flavor>
		</Row>
	</Leader_Flavors>
 
 
 

<Leader_Traits> Edit

次は徳川家康のUAを設定しましょう。

	<Leader_Traits>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_ODA_NOBUNAGA</LeaderType>
			<TraitType>TRAIT_FIGHT_WELL_DAMAGED</TraitType>
		</Row>
	</Leader_Traits>

<Leader_Traits>タグでは、指導者がどのUAを持つかを設定します。

<LeaderType> Edit

今までと同じくLEADER_TOKUGAWA_IEYASUを指定します。

<TraitType> Edit

<TraitType>タグでは、指導者のUAを設定します。
一番初めに記述した、TRAIT_GREAT_GENERALに変更します。

<Leader_Traits>のまとめ Edit

上記の内容をまとめてみると以下のようになります。

	<Leader_Traits>
		<Row>
			<LeaderType>LEADER_TOKUGAWA_IEYASU</LeaderType>
			<TraitType>TRAIT_GREAT_GENERAL</TraitType>
		</Row>
	</Leader_Traits>
 
 
 

<Diplomacy_Responses> Edit

最後に外交画面での台詞を設定していきましょう。
基本的には共通の台詞が用意されているので、それらで問題無い場合特別な記述は必要ありません。
ただし初めて遭遇した時と滅亡させた時の台詞は文明によって異なるため、これらを設定しないと無言になってしまいます。
今回は基本的に共通の台詞をしゃべらせることにして、上記2つの台詞を記述することにします。
織田信長の記述から必要な部分を抜粋してみましょう。

	<Diplomacy_Responses>
		~省略~
		<Row LeaderType="LEADER_ODA_NOBUNAGA">
			<ResponseType>RESPONSE_FIRST_GREETING</ResponseType>
			<Response>TXT_KEY_LEADER_ODA_FIRSTGREETING%</Response>
		</Row>
		<Row LeaderType="LEADER_ODA_NOBUNAGA">
			<ResponseType>RESPONSE_DEFEATED</ResponseType>
			<Response>TXT_KEY_LEADER_ODA_DEFEATED%</Response>
		</Row>
		~省略~
	</Diplomacy_Responses>

上記の記述はassets\Gameplay\XML\Diplomacy\Civ5Diplomacy_Responses.xml内にあります。

<LeaderType> Edit

今までと同じくLEADER_TOKUGAWA_IEYASUを指定します。

<ResponseType> Edit

<ResponseType>タグでは、どのようなタイミングの台詞かを設定します。
例えばRESPONSE_FIRST_GREETINGは、初めて遭遇した時の台詞を設定することができます。
この項目は変更しません。

<Response> Edit

<Response>タグでは、台詞に対応するキーを指定します。
最後に%を付けることで、%の部分が_1のようなテキストをまとめて指定できます。
例えばTXT_KEY_LEADER_ODA_DEFEATED%と記述した場合、TXT_KEY_LEADER_ODA_DEFEATED_1からTXT_KEY_LEADER_ODA_DEFEATED_4までが指定されています。
指導者名を入れたキーにしておきたいので、それぞれTXT_KEY_LEADER_TOKUGAWA_FIRSTGREETING%、TXT_KEY_LEADER_TOKUGAWA_DEFEATED%にします。

<Diplomacy_Responses>のまとめ Edit

上記の内容をまとめてみると以下のようになります。

	<Diplomacy_Responses>
		<Row LeaderType="LEADER_TOKUGAWA_IEYASU">
			<ResponseType>RESPONSE_FIRST_GREETING</ResponseType>
			<Response>TXT_KEY_LEADER_TOKUGAWA_FIRSTGREETING%</Response>
		</Row>
		<Row LeaderType="LEADER_TOKUGAWA_IEYASU">
			<ResponseType>RESPONSE_DEFEATED</ResponseType>
			<Response>TXT_KEY_LEADER_TOKUGAWA_DEFEATED%</Response>
		</Row>
	</Diplomacy_Responses>

外交画面で使用するテキストデータについて Edit

先ほど指定したキーごとに、テキストデータを記述していきましょう。
このテキストデータはなぜか英語のものを用意しておかないと、日本語でプレイしている時でも無言になってしまいます。
日本語に加え英語のテキストも忘れずに記述しておきましょう。
以下に一例をあげておきます。
(なお台詞は思いつかなかったため、信長と同じです)

	<Language_en_US>
		<Row Tag="TXT_KEY_LEADER_TOKUGAWA_DEFEATED_1">
			<Text>You are far cleverer than I gave you credit for. I congratulate you.</Text>
		</Row>
		<Row Tag="TXT_KEY_LEADER_TOKUGAWA_DEFEATED_2">
			<Text>Well played, my adversary. You have defeated me.</Text>
		</Row>
		<Row Tag="TXT_KEY_LEADER_TOKUGAWA_DEFEATED_3">
			<Text>>I am defeated. You are to be congratulated.</Text>
		</Row>
		<Row Tag="TXT_KEY_LEADER_TOKUGAWA_FIRSTGREETING_1">
			<Text>We are most pleased and honored to meet the great leader and warlord.</Text>
		</Row>
		<Row Tag="TXT_KEY_LEADER_TOKUGAWA_FIRSTGREETING_2">
			<Text>This humble soldier greets the mighty warrior and hopes earnestly for a fair and equitable alliance.</Text>
		</Row>
		<Row Tag="TXT_KEY_LEADER_TOKUGAWA_FIRSTGREETING_3">
			<Text>In truth, the heavens have smiled upon us for leading us into your august presence. How may we serve you?</Text>
		</Row>
	</Language_en_US>
	<Language_JA_JP>
		<Row Tag="TXT_KEY_LEADER_TOKUGAWA_DEFEATED_1">
			<Text>そちはワシの想像を遥かに超えた知恵者であった。あっぱれじゃ。</Text>
		</Row>
		<Row Tag="TXT_KEY_LEADER_TOKUGAWA_DEFEATED_2">
			<Text>よう戦った、我が敵よ。そちの勝利だ。</Text>
		</Row>
		<Row Tag="TXT_KEY_LEADER_TOKUGAWA_DEFEATED_3">
			<Text>ワシの負けじゃ。そちを褒めてつかわそう。</Text>
		</Row>
		<Row Tag="TXT_KEY_LEADER_TOKUGAWA_FIRSTGREETING_1">
			<Text>偉大な指導者や武将とまみえることほど嬉しいことはないぞ。</Text>
		</Row>
		<Row Tag="TXT_KEY_LEADER_TOKUGAWA_FIRSTGREETING_2">
			<Text>一兵卒ながら謹んで大武将たるそなたを迎えよう。平等で公正な同盟が築けるよう心より望んでおるぞ。</Text>
		</Row>
		<Row Tag="TXT_KEY_LEADER_TOKUGAWA_FIRSTGREETING_3">
			<Text>天がワシに味方し、偉大なるそちを遣わしたようだ。そちはワシに何を望むか?</Text>
		</Row>
	</Language_JA_JP>
 
 
 

テキストデータについて Edit

今までに登場したテキストキーについて、対応するテキストデータを忘れずに記述しておきましょう。
一例を以下にあげておきます(シヴィロペディアについては後述します)。

	<Language_JA_JP>
		<Row Tag="TXT_KEY_TRAIT_GREAT_GENERAL">
			<Text>人口による不幸が25%減少する。偉人ポイントに25%のペナルティが掛かる。</Text>
		</Row>
		<Row Tag="TXT_KEY_TRAIT_GREAT_GENERAL_SHORT">
			<Text>征夷大将軍</Text>
		</Row>
		<Row Tag="TXT_KEY_LEADER_TOKUGAWA_IEYASU">
			<Text>徳川家康</Text>
		</Row>
	</Language_JA_JP>

指導者のシヴィロペディアについて Edit

シヴィロペディアに使用するテキストキーはTXT_KEY_CIVILOPEDIA_LEADERS_TOKUGAWAを指定しました。
テキストデータを記述する場合、指定したキーの後ろに_LIVEDや_NAMEなどを付けてペディア内の配置を指定します。
例えば寿命について記述したい場合、TXT_KEY_CIVILOPEDIA_LEADERS_TOKUGAWA_LIVEDというキーに「紀元1543年-1616年」というテキストを対応させます。
すると「寿命」の下の欄に「紀元1543年-1616年」というテキストが表示されます。
どのキーがどこに配置されるかは下のSSを参照してください。

 

2014-02-14_00002.jpg

 

これらのキーはTEXT_1、_TEXT_2のように数字を振ることで、数字が昇順になるよう自動的に配置されます。
(SS中では_6までありますが増減可能です)
SS中で日本語になっている寿命、称号・通称、ゲーム情報、疑似事実は、この項目では編集できません。
またゲーム情報の項目には、UAで指定したテキストデータが表示されます。

 
 
 

長くなったので、文明の追加は後半に続きます。

目次 Edit

コメント欄 Edit

間違い等の指摘がございましたら是非コメントをお願いいたします。
質問にも可能な限り回答いたします。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 新文明固有の社会制度も設定できたりするのでしょうか? -- 2014-02-16 (日) 13:21:06
    • 社会制度の取得に前提技術を設定し、その前提技術を特定の文明しか開発出来ないようにすれば、間接的にですが固有の社会制度は作れます。社会制度の取得自体を直接制限することはできなかったと思いますが、可能だとしたら方法をご存じの方には是非コメントをお願いいたします。 -- ringo_? 2014-02-17 (月) 00:44:38
  • 続きをお待ち申し上げ -- 2014-04-05 (土) 02:11:05
  • 指導者特性の変更、追加がゲームに反映されません。どなたか教えていただけないでしょうか・・・ -- 2014-09-29 (月) 18:34:33
  • 自分も同じく反映されない。どこを弄ればいんだろうか。 -- 2014-11-01 (土) 01:56:06
  • ↑現状どこをどう弄ったのかわからないと答えようがない。。 -- 2014-12-02 (火) 15:35:49
  • 追加してみようその5更新されないんですかね・・・? -- 2015-01-07 (水) 19:06:42
  • 現状の解説だけでも新しい指導者作るのには足りたけどね -- 2015-01-08 (木) 12:37:37
  • 自分もその5待ってます なんとかお願いできませんか -- 2015-01-11 (日) 21:04:19
  • CIV5Civilizations.xmlから日本のやつを真似てみたら追加できた。 -- 2015-12-25 (金) 00:36:19
  • 特殊orオリジナルな昇進実装例もお願いしたい次第。 -- 2016-08-22 (月) 21:00:04
お名前: