編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2017-06-18 (日) 21:54:36
トップページ / データ / 世界議会

世界議会 Edit

概要 Edit

ゲーム中いずれかの文明が、「活版印刷を取得する」・「全ての文明と出会う」の2条件を満たすと、世界議会が開かれるようになる。この時点を以って、世界の全ての文明は世界議会を通じて未知の文明全て(都市国家除く)と強制的に出会う事になる。文明は世界議会では、提案された決議に対して賛成か反対かの投票を行い、可決されればその効果は全文明に及ぶ。また、他の指導者の意に沿った提案や投票をすれば外交関係がよくなり、逆に反対するような提案や投票をすれば外交関係が悪化する。世界議会は終盤には外交勝利を決定する場となるなど、後半のゲーム展開で重要な意味を持つ要素である。

決議の提案と投票 Edit

世界議会では、1回のセッションで2つの議題について投票を行う。2つの決議のうち、1つは議長国が、もう一つは議長国以外のいずれかの文明が提案する。決議が提案されてから一定のターンを経た後に投票を行う。投票では自分の持つ代表を、2つの決議の内いずれかに振り分けて投票する。そうして全文明からの代表を集計し、賛成が反対を上回ればその決議は可決される。

議長国 Edit

議長国は、他の文明より多くの代表を持ち、さらに毎回決議を1つ提案することができる。「活版印刷を取得する」・「全ての文明と出会う」の2条件を最初に満たした文明が、最初の議長国となる。時代が進むたびに議長選挙が行われ、最も多くの票を得たものがその時代の議長国として、議会を主導することになる。

代表 Edit

各文明は世界議会の決議に対して、自らの意思を表明する代表を送り込むことができる。どの文明も少なくとも1人の代表を持ち、様々な手段によって代表の数を増やすことができる。

代表を得る手段代表数
議会に参加時代により変化
議長国時代により変化
都市国家と同盟時代により変化
紫禁城を所有2
世界的宗教を半数以上の都市で採用2
世界的思想を採用2
他国の首都に外交官を送る
(グローバル化が必要)
各1
「世界の指導者」投票で2位以内に入る1回ごとに2

世界議会の時代 Edit

世界議会の時代は、半数の文明がその時代に到達するか、または1つの文明がその次の時代に到達している時代となる。たとえば、半数の文明が産業時代に到達するか、1つの文明が現代に到達した時点で、世界議会は産業時代に入る。時代が進むと、即座に議長選挙が行われ、新たな議長国が選ばれるほか、各国の持つ代表団の数と提案から決議までのターン数も変化する。
世界議会の最初の時代はルネサンス時代である。

時代による世界議会の変化ルネサンス産業時代現代原子力時代
議長国の代表2356
参加国の代表1234
同盟都市国家による代表0112
投票までのターン数30252010

ただし、原子力時代以降は文明の提案した決議に対する投票と、世界の指導者投票が交互に行われる。

決議 Edit

各セッションでは、ここに示された決議のうち2つについて投票を行う。ただし「主催国の選択」「世界の指導者」については、単独で1回のセッションを行う。国際プロジェクト以外の決議か可決されて効果を発揮している場合、「現在有効な決議を撤回する」提案も可能。

決議効果備考
万国博覧会万国博覧会プロジェクトが開始される。1度可決されると再提案不可
世界の指導者決められた票数(世界議会画面の右上に表示)を得た文明があれば、その文明が外交による勝利を収める。どの文明も決められた投票数に達しない場合、上位2文明に追加の代表が2人ずつ与えられる。文明による提案は不可
いずれかの指導者を選んで投票する
原子力時代に到達すると、2回に1回の議会で自動的に提案される
世界的宗教選択した宗教を信奉する文明は、追加の代表2人を得る。世界的宗教は伝播速度が25%上昇し、聖都に50%の観光ボーナスを得る。いずれかの宗教を選択して提案
2つの宗教が同時に世界的宗教となることはできない
世界的思想選択した思想を採用している文明は、追加の代表2人を得る。全ての文明で世界的思想を支持する世論が高まる。いずれかの思想を選択して提案
いずれかの文明が「無線通信」を発見すると提案できるようになる
2つの思想が同時に世界的思想となることはできない
主催国の選択最も多くの票を得た文明が議長国となる。文明による提案は不可
いずれかの指導者を選んで投票する
世界議会の時代が進行すると、即座にこの決議が行われる
住み込みの学者他国が発見済みのテクノロジーを研究するとき、研究速度が20%早くなる
国際大会国際大会プロジェクトが開始される。いずれかの文明が「無線通信」を発見すると提案できるようになる
1度可決されると再提案不可
国際宇宙ステーション国際宇宙ステーションプロジェクトが開始される。いずれかの文明が「人工衛星」を発見すると提案できるようになる
1度可決されると再提案不可
常備軍税ユニットの維持費+25%
文化的遺産世界遺産に [culture]+3
核拡散防止新たに原子爆弾と核ミサイルを生産することができなくなる。ただし生産済みのものはそのまま残る。いずれかの文明が「高度な弾道学」を発見すると提案できるようになる
歴史的ランドマーク偉人による地形改善に [culture]+2、ランドマークに [culture]+4いずれかの文明が「考古学」を発見すると提案できるようになる
自然環境遺産自然遺産に [culture]+5
財政支出(科学)大科学者・大技術者・大商人の誕生速度+33%、大著述家・大芸術家・大音楽家の誕生速度-33%財政支出(芸術)と共存不可
合理・探検採用AIが喜ぶ
財政支出(芸術)大著述家・大芸術家・大音楽家の誕生速度+33%、大科学者・大技術者・大商人の誕生速度-33%財政支出(科学)と共存不可
美学採用AIが喜ぶ
贅沢禁止選択した高級資源から [happiness]が得られなくなる。但し取引は従来通り可能。いずれかの高級資源を選択して提案
通商禁止選択した文明と交易路を結ぶことができなくなる。既にそのような交易路がある場合、即座に交易が中止され、新たな交易相手を選択する。いずれかの文明を選択して提案
都市国家との交易を禁止都市国家と交易路を結ぶことができなくなる。既にそのような交易路がある場合、即座に交易が中止され、新たな交易相手を選択する。

各プロジェクトの効果はこちらのページ?を参照。

他国の動向 Edit

他文明の首都に外交官を置いているか、思想を共有していると相手の世界議会における動向を知ることができる。片方だけを満たしているときは提案に賛成か反対かだけがわかり、両方満たしているときには賛成・反対の度合いも知ることができる。

票の取引 Edit

他文明の首都に外交官を置いている場合、その文明との外交画面からいずれかの決議に賛成・反対するよう取引を持ちかけることができる。当然ながら、否定的な提案への賛成または肯定的な提案への反対を持ち掛ける場合は大きな代償を要求されるか、取引を拒絶される場合もある。

AIの快不快 Edit

次の要因により、議題によって友好度に補正がかかる。

外交勝利に必要な票数 Edit

外交勝利に必要な票数は、以下の式に基づいて計算されます。

1.443 * ln(文明数) + 16.023 * ln(都市国家数) - 6.758

文明数、都市国家数は開始時の数。lnは自然対数。




*1 1つの文明が遺産をたくさん持っている状態で「文化的遺産」など
*2 自国のみ議決権10他1のとき、反対票に9票を投ずると1票を投ずるよりも減少度合いが大きい