編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2017-06-18 (日) 21:54:49
トップページ / 旧情報 / GaK / 攻略 / 戦略集 / ラッシュ考察

戦略集/ラッシュ考察 Edit


ラッシュとは? Edit

特定の軍事ユニットを大量生産(またはアップグレード)し、戦争を仕掛けることをラッシュと言う。
剣士なら剣士ラッシュ(鉄資源が必要なので鉄ラッシュとも呼ぶ)、ライフル兵ならライフルラッシュなど。

基本的にはラッシュのタイミングは該当ユニット解禁後、早ければ早いほど良い。敵文明が同等のユニットを出してくる前に叩くのが基本戦略となる。
こちらが先に仕掛けていれば、向こうが同じユニットを出してきても昇進の差で押せることもある。
兵舎、武器庫、英雄叙事詩、士官学校、ブランデンブルク門で昇進をつむとより効果的。

GaK(とパッチ)で都市の攻撃力および、敵の用兵能力がかなり強化されたため、白兵ユニット単独によるラッシュはかなり難しくなった。
また、カタパルトなどの砲撃ユニットは都市攻撃に特化され、対ユニット攻撃力はそれほどでもなくなったため、白兵ユニットにも相応の敵殲滅力が求められるようになった。
相対的に見て、UUに頼れない文明におけるラッシュの難易度は無印よりかなり上がっている。

一方で、海軍ユニットが白兵タイプと砲撃タイプに分かれ、白兵タイプなら海から都市の制圧が出来るようになった。
マップによるが、基本的にAIは海軍ユニットを陸上ユニットのように大量に作ったりはしないので、海沿いの都市なら海軍ユニットによるラッシュも有効である。


太古 Edit

内政を優先すべき最序盤にラッシュをする必要性はかなり低い。経験値稼ぎをしたいなら蛮族を殴っている方がいい。
よっぽどのことがない限り選択肢にはあがらないだろう。マルチ用か。
他の文明の首都が近く、どうしても邪魔になりそうなら出会い頭に即宣戦して戦士1~2体に国境付近で小競り合いをさせておくと
CPUの成長と拡張を大きく抑制できる。Civ4と違い厭戦感情がないので安心。力の差が付いたら改めてラッシュを仕掛けるといい。

破城槌ラッシュ(UU破城槌) Edit

フンの槍兵の代替ユニット。都市攻撃限定だが、対都市ボーナス+300%は圧倒的。
牧草地のハンマー+1ボーナスも生かせれば早期ラッシュが可能。
打たれ弱い破城槌を守るため、戦闘ユニットでの護衛が必要。
また斥候や、わざとダメージを受けた戦士を囮に使おう。
破城鎚は、ユニット攻撃ができないので、弓騎兵など都市攻略後の防衛ユニットの準備を怠らないこと。
標準サイズの大陸マップならば、100ターンを迎える前に制圧する事は十分可能である。
なお、破城鎚のUG先は、物理学で獲得できるトレビュシェットなので注意。


古典時代 Edit

GaKのテクノロジーツリー変更により、槍兵が強化され、鉄器は開発に必要なコストが上がった。
カタパルトは鉄が不要になったのもあって、槍+カタパルトが成り立つ。
技術ツリーや序盤の防衛を考えると弓兵を戦闘弓射手にUGしてそのまま攻めに回す戦術が有効。
独立気味の青銅&鉄を介さないため科学分野での出遅れも少ない。


中世 Edit

弩兵以外は鉄と馬が重要。社会制度は名誉が有効。この時代からは一直線は無謀で最低でも図書館の整備が必要。
都市の攻撃力の強化と長剣士の弱体化により、この時期のラッシュは無印の頃の強さはない。
この時期に仕掛けるよりは、あと二つ技術を取ってマスケット+カノンを使った方が良いかも。

対白兵ならトレブより弩兵の方が強いので、弩兵を絡めたラッシュの方がやりやすい。
古典時代から弓を量産強化していれば前時代から引き続いて攻めを継続出来る。
強化された長槍兵と技術ツリーが近いのも利点。
内政系テクノロジーを経由出来るのがこれ以降も強みになる。
ただし年代が進むと(基本都市防御力が上がると)弩兵は急速に通用しなくなるので目標都市の防御力はチェックしておこう。
このため高難易度ではすぐに通用しにくくなる事も多い。

弩兵ラッシュ(UU長弓兵&連弩兵) Edit

中世の間接ユニットで資源要らずのため、どの文明でも選択肢に入る。
対ユニット・都市どちらも行けるため、とにかく弩兵の数を揃えて攻め込めばよい。
ルネサンス時代にはユニットの能力が余り向上しないため、戦争に時間が掛かってもさほど問題無い。
都市の戦闘力が40位までなら数で押せるため、トドメのユニット以外は弩兵の単一兵科で良い。
弩兵を1から生産していては時間が掛かるため、戦闘弓射手からのUGを利用するとよいだろう。

UUの長弓兵ならば視界確保のユニットと併せることで、相手の反撃を受けずに攻撃できる。
デメリットも無いため、中世の長弓兵ラッシュはイギリスの定番戦術と言える。
UGで射程+1が引き継げるため、強力なガトリング砲ラッシュへと移行できるのも○。

もうひとつのUU連弩兵は戦闘力こそ劣るものの、2回攻撃によりダメージは弩兵に勝る。
大将軍の効果自体が高いため、移動してからの攻撃でもさほど弩兵に劣らない。
こちらもガトリングにUGすることで2回攻撃を引き継げるため、強力なガトリング砲ラッシュに繋げられる。


ルネサンス時代 Edit

陸上ユニットは鉄の呪縛から解き放たれる。
共同研究も弱体化されたとはいえ未だ重要なことには変わりないので、陶塔や合理主義の採用、および他国の共同研究の妨害推奨。

天文学で海軍ユニットの遠征が解禁となる。フリゲート船には鉄が必要なので、海軍に関してはまだしばらく鉄のお世話になる。
フリゲート船が作れないなら私掠船を複数作って奪ってしまおう。
都市の生産枠も余り圧迫しないし、押せればどんどん戦力が増えていく。

槍騎兵が長槍兵からのアップデート(新たに馬を必要とする)になり、強化もされているので場合によっては使えるか。

フリゲート艦ラッシュ(UU戦列艦) Edit

産業時代 Edit

都市の攻撃力が上がったため、その攻撃範囲外から攻撃出来る大砲は未だ重宝する。
ライフリングに内政テクノロジーの経由が必要になり、開発が遠くなっていることには注意。
また、新規ユニットとして弩兵からアップデートするガトリング砲が登場した。
本来は防御ユニットであるが、その強力な攻撃力でラッシュへの登用も十分に可能。

海軍ユニットでは、石炭を使う強力な白兵ユニットである装甲艦が解禁となる。
石炭が見つからない場合はフリゲート船で削り私掠船で奪うといい。十分現実的な方法だ。石炭が無いので能力は落ちるが。

ガトリング砲ラッシュ Edit

大砲ラッシュ Edit


現代 Edit

空軍が使用可能になり、大砲が無い場合は第一次大戦爆撃機が有効となる。
但し通常版の爆撃機と威力は同じなものの、射程が10から6へと大幅に低下している。
海があるならもう少し研究を進めて航空母艦に搭載したいところだが、3機しか載せられないので注意。
海では戦艦が優秀、私掠船では流石に太刀打ち出来なくなってくる。


原子力時代・情報化時代 Edit

ステルス爆撃機はテクノロジーの終端に位置し、この時期のラッシュは現実的ではない。
爆撃機が原子力時代にて通常版よりも強化されて解禁されるので、積極的に導入しよう。
ゴールドを貯めておき、一度に大量購入すればすぐ使えるようになるのでお勧めだ。逆転だって可能である。
海マップであれば護衛を引き連れて航空母艦に搭載しておくといい。


コメント Edit

記事の加筆修正もコメントもご自由に。

コメントはありません。 Comments/旧情報/GaK/攻略/戦略集/ラッシュ考察?

お名前: