編集 | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2017-06-18 (日) 21:54:41
トップページ / プレイレポ / Civ5 / 秩序で制覇! / 第一話「アッティラだァ!」

【総天然色】秩序で制覇!【活劇】/第一話「アッティラだァ!」 Edit

破城槌の反逆 Edit

1-1.jpg

戦士を丘上側に偵察、馬と多数の丘が見える。

Attila.png「首都は出来るだけ [production]出したいし丘上行くか。馬の入手も早くなるしな」

1-2.jpg

首都建設。

Attila.png「大当たりだ!コイツはさい先良いぞ!」
小麦・追加馬・トリュフが3マス圏内に入る。
いつもこうだと良いのだが、移動させたあげく裏目に出たときのやっちまった感は半端ない(笑)

研究はパンテオンのため陶器、生産は労働者と筆者定番の伝統セットプレイ。
今回は [food]2タイルが一つしか無いため労働者一気→神殿でいく。

その後防御・護衛用に戦士一体生産。
最寄り幸福資源が森香辛料なので採鉱→暦へ。

1-3.jpg

Attila.png「やあっちまったぁ~!」

戦士が遺跡アプグレ。フンの槍兵はそう、破城槌である。
視界が狭まるわ打たれ弱いわ一方的に殴られるわと序盤の哨戒・防衛ユニットとしては散々である。
近場に好立地の都市国家でも発見できていれば即パンで第二都市ゲットという手もあるが、そんなうまい話は大抵無い。
一番うまかったのは斥候×2と破城槌で朝鮮を18ターン目キル出来たときかなあ(笑)

この初期状態、とにかく飯が無い・金が無い。
戦士生産後は穀物庫→隊商。
25ターン、つつがなく伝統オープン。
鉄可視化のために青銅器へ。

1-4.jpg

32ターン、 [faith]15でパンテオン。
Attila.png[faith]出る当てもないしここは太陽神かな。ただでさえ平原立地は [food]の当てが少ないし」

近場に小麦バナナは結構あるので創始できればかなり強い。
幸いコンゴのそばにカイラスが有るので第二都市で取り込めば創始は固いだろう。

1-5.jpg

蛮族に良いように攻勢を受けるアッティラ宮殿。破城槌マジ無能。
仕方ないので戦士と斥候追加1、そこでちょうど人口が伸びるので開拓者生産開始。
開拓者の出し遅れが響かないと良いのだが。

1-6.jpg

1-7.jpg

この頃モンゴル・アッシリアと遭遇。
アッシリアはちょうど一都市分ぐらいの空きで西に存在。
こっちに都市を寄せられると内政的にも防衛的にもかなり苦しいので、第二都市でカイラスは諦めアッシリアの出鼻をくじく方向に。

テクノロジーは鹿のためトラップ→空中庭園のため数学まで一気。
チクショウ蛮族共め、弓騎兵が生産できるようになったら目に物見せてくれる。
そんなことを考えながらシコシコと第二都市用の労働者生産。

虎穴に入らずんば虎児を得ず Edit

1-8.jpg

Attila.png「おうっと、未遭遇のデンマークに候補地の一つにねじ込まれちまったい」
UnemployedCitizen.png「破城槌も有るしやっちゃいますか?」
Attila.png「んー、いいわ。カイラス取り込み位置に都市置くこと考えるとあそこ微妙だったし」

出来たばかりの都市を落としても何の旨味もないし、他に無理なく出せるスペースがあるなら火種を起こす必要は無いだろう。

1-9.jpg

第二都市建設。フンなので名前は省略。
即領土買いでがっちり資源をキープ。
都市防衛用に弓兵を一体生産してから第三都市用の開拓者→労働者生産。
その後対蛮族用リーサルウエポンの弓騎兵を生産開始。

1-a.jpg

1-b.jpg

第三都市建設。
蛮族の巣を排除した [gold]と合わせて西にある馬とバナナを囲う。
これでオーフスは宝石一つと川沿いタイル2だけの糞都市に早変わりだ。ザマア。
都市圏どうしが隣接したため自動的にデンマークと遭遇する。

テクノロジーは人口伸びてきたので筆記→防壁のため石工術→宣戦抑止の交易路のため
帆走。
とても良い立地を見つけたので欲を出してもう一体開拓者→空中庭園。
首都は太陽神と牧草地2含む立地のおかげで [production]はかなり高いので一手遅くとも十分間に合うだろう。

1-c.jpg

1-d.jpg

第四都市建設。石材直下なので採石所建設可。
宝石4・牛3・柑橘1・山沿いで淡水タイルも少々と被宣戦リスクを冒してでもねじ込む価値はある。
攻め込む際の橋頭堡を優先したのだろうがいくら何でもこの辺り先に抑えろよ。
しかもこの辺り一帯を探索した際に遺跡を3つも見つけた。
いくら初手名誉ルートだからといって探索サボりすぎだろハーラルェ…

90ターン、空中庭園完成。
これで当座の地盤固めが完成する。

社長、パアッとね Edit

今回は思想入ってからがメインなのでここからはルネ期入りまでダイジェスト。

1-e.jpg

1-f.jpg

1-g.jpg

1-h.jpg

残る4文明と遭遇、スウェーデン・ポリネシア・アメリカ・モロッコ。

宗教は10分の1税・パゴタ・宗教共同体・聖職叙勲のがち引きこもり構成。

研究は官吏→幸福のため建築学→交易路のため工学→国立大のため哲学→マチュピチュ(差された)と隊商宿(海洋都市が無い)のためギルド→工房のため鋳金→ノートルダムのため物理学→教育→羅針盤→活版印刷でルネ期入り。

遺産はチェチェン・ノートルダム・ボロブドゥール・アンコールワット。

社会制度は伝統コンプ後商業→ほろ馬車隊。海洋都市無し構成だとここまで取って損は無い。
交易路は基礎値×各種倍率なのでたった [gold]+2でも実際の収入量増加はかなり違う。

1-i.jpg

幸福に余裕がありガラ空きなので142ターン、第五都市建設。
大理石・砂糖・ワインと別種資源が3つも有る上に [food]もバッチリ。 [production]もそれなりに出る。

163ターン、スウェーデンが世界会議開催。万博提案でご機嫌取り。

1-j.jpg

176ターン活版印刷完了でルネ期に入る。


Attila.png「ここまではいわば普遍的な地盤固め。第二ラウンドは思想採用後を見据えた下地作りだ」


目次 Edit

コメント等 Edit

ご質問、ご感想等有りましたらお気軽によろしくです^_^

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ヒゲ率高けぇ! -- 2014-08-15 (金) 06:29:19
  • 交易路系の社会制度って倍率かかったのか。てっきり固定値だとばかり… -- 2014-08-15 (金) 17:43:10
お名前: